ページ

2011年10月27日木曜日

ISMIR 1日目

10月24日(月) 曇り

起床
6時半頃起きる。教授はお仕事、私はメールチェックなどしながら朝食。昨日スーパーで買って来た物の残りなどを食べる。

昨日買ったランチャブルについていた、Mixed Fruit Flavored Juice Drink Brend。その混沌とした名が示す通り、一体何なのかさっぱりわからない味。とりあえず不味い。

会場へ
9時半頃会場に行って受付。ネームバッジとカンファレンスバッグ、それに予稿集をもらう。

なんという分厚い予稿集!電話帳以上の厚みがある上に、紙室が良いので重い。これをスーツケースにつめて持って帰ると思うとげんなりする。

会場に入ってみると、まだほとんど人はいない。席数としては200〜300といったところ。


やっぱ出た、コーラとスプライト。

チュートリアル
この日は午前と午後にチュートリアルが1件ずつ。今回はチュートリアルのみ2件平行セッション。2人で同じのを聞くのももったいないので、私は Million Song Dataset を、伊藤先生は Audio Content-based Music Retrieval を聞く。

Million Song Dataset は、題目の通り100万曲の実験用楽曲データセットを作りましたというお話。クロマやピッチといった基本的な特徴量データベースと、それを操作するためのプログラムが無償提供される。正直いうと話はあまり面白くない。13時ごろ終わって伊藤先生と合流、あちらはもう少しチュートリアルらしく、音楽フィンガープリントやそれを用いた識別関係の話を丁寧にしていたらしい。

昼食
午後のチュートリアルはさぼって明日の発表の準備(教授は大学のお仕事)をするということで予め合意していたので、のんびり昼食に出かける。North Beachと呼ばれるこの一帯はホテルが建ち並ぶばかりで、ほとんど食べ物屋がない。バスに乗ってSouth Beachに出かけてみる。

South Beachは比較的賑やかで、色々なお店や食べ物屋がある。



しばらく歩いて物色した後、ペルー料理のレストランに入った。

ウェイターがとても丁寧で、ペルー料理は中華料理の影響を受けていることや、非常に量が多いので2人でシェアするとよいなどと教えてくれる。ペルー風海鮮スパゲッティとチキンピラフを注文。出て来た物は確かに、中華風の焼きそばとチャーハンに近い物だった。強火で一気に火を通したらしく、麺もご飯も具も香ばしくて美味しい。ただかなり量が多いので、少し残してしまった。

その後
15時すぎにホテルに戻る。実は明日の発表で使うスライドがまだ未完成なので、教授の意見を伺いながら2枚ほど修正。後は一人でボソボソしゃべってみたりしながら、キーワードを考える。

そんな感じで18時ごろ、教授にお願いして発表を通しで聞いてもらう。2回目の発表練習。毎度のことながら発表練習ってやたらに緊張する。少々言葉に詰まって16分強になってしまった。15分の発表+5分の質疑ぐらいが基本なので、ややオーバー気味。まぁ本番もう少しスムーズに話せれば大丈夫でしょうということで終了。

あとは軽い夕食を求めてスーパーまで買い出し。※これは普通のホテルです。

マッスルミルク(ミルクは含まれていません)。


夕食の後1時ごろ寝る。明日は発表!

0 件のコメント: