ページ

2011年4月13日水曜日

さくら

3月は滋賀の実家に帰省していたから、本当は京都の桜を見て、それから仙台に戻ろうかとも考えていたのだけど、いろいろと気が急いて早々に帰仙してしまった。京都の桜情報によると、京都はもう満開を迎え、所によっては散り始めているようだ。
そんな折、仙台にも桜が咲き始めていると聞きつけて、片平キャンパスに出かけてみた。


三分咲き、といったところかな。毎年この桜が満開になる頃には、大学関係者だけでなく付近に住む家族連れもやってきて(ときに犬まで)、お花見をしている。もうすぐまたそんな光景が広がるに違いない。

ところで、鉄筋コンクリート建ての電気系1号館や建築系の建物が倒壊の危機にある中、この片平第1ホールは安全の判定(白紙)を受けたらしい。演劇部、邦楽部らとともに混声合唱部が活動場所として長年使っている建物ののひとつ。練習場所が壊れてしまわなくてよかった。

いつの間にかずいぶんと工事が進んだ新北門食堂。平屋だった以前の面影はない。

0 件のコメント: