ページ

2011年4月5日火曜日

仙台から

4月3日の早朝、滋賀の実家から仙台に戻った。震災時は音響学会のため東京にいて、翌日そのまま実家に帰省したので、震災以来初めての仙台。
アパートの部屋は物が散乱してグチャグチャだった。でも幸いガラスや食器はひとつも割れていないし、パソコンやオーディオ機器も無傷。散乱したのは主に本棚の中身と、台所付近にあったスパゲティなどの保存食品、それから次回の収集で捨てる予定だったビンやカンのゴミ。
一番困っているのはドアの開閉。もともと立て付けの悪いドアだったのが地震後さらに悪くなったようで、渾身の力を込めないと開閉できない。ちょっと出かける度に大きな音を立ててしまうので近所迷惑。ドア枠の隙間をよく見ると、完全に歪んでいるのがわかる。ひょっとすると建物全体が歪んでしまったのかもしれない。なにせ入居当時で築18年だったから、現在は23年目の木造アパート。

今日は物が散乱した部屋を片付けるついでに、既に本棚の肥やしとなっていた古い本を処分すべくBOOK OFFに出かけた。20冊売って¥1,000と少々。まぁこんなもんだろう。
帰りに仙台駅周辺や片平キャンパスに立ち寄ったので、現在の様子を写真で紹介。いま仙台を離れている学生仲間が、こちらの様子を知る助けになればと思う。



















0 件のコメント: